中国が日本向け団体ツアーを制限。その理由は?

中国が日本向け団体ツアーを制限。その理由は?

メディアによると中国政府は9月中旬日本への団体旅行を制限するよう、中国内の旅行会社に対して通達したと言う。その理由は何か?元の流出防止が理由なのか?

理由は不明

その理由は明らかにされていないが、年間600万人と言われる中国観光客が制限されるとあっては、日本の観光業界も、かなり打撃を受けるのではないだろうか?

中国人観光客のマナーの悪さ

中国客は、札幌周辺においても、ホテルに溢れ、人前もはばからず大声で喋りまくっている。

「カニ食べ放題」のホテルキャンペーンがあったりすると、他の客のことはお構いなし。

一人で大皿に盛り付けたカニの大半を自分のテーブルに持っていって行ってしまう。

日本人が順序よく並んでいる列に、勝手に横から入り込んでくる。

そのマナーの悪さに辟易することもある。

今回の制限で、中国客が少なくなればいいではないか。

日本の観光地も落ち着いた雰囲気を取り戻せるし。

と、思ってしまうのだが、これは、あくまで個人の感情の問題。

冷静に考えれば、北海道の経済にとって「マイナスなんだな~」と心配でもある。

中国政府の戦略?

中国では5年ぶりの共産党大会があるという。

そのため、特に通貨である「元」の海外流出に気を使っているようだ。

数年前まであった中国客の「爆買い」も、今は鳴りを潜めている。

なんでも、持ち帰った日本商品に高額な税金をかけるなどしているようだ。

これでは、流石に金持ちの中国人でも、控えめになる。

これは実質的な禁止措置だ。

仮想通貨取引所の廃止

ビットコインは、もうどこの政府にも止められない勢いで世界に流通しだした。

ところが中国政府は、ビットコインを始め仮想通貨を「元」の海外流出を促進する悪者と決めつけている。

そのため、9月初旬には、仮想通貨を使った資金集めであるICOを禁止した。

さらに、仮想通貨取引そのものを、制限する目的で「取引所」を廃止する考えのようだ。

「元」の流出は国家の存立に係る

今回の「日本ツアー」の制限通達も、理由は定かにされていないという。

おそらく、「元」の死守=国家の存立という中国政府の国家戦略と思われる。

これは、筆者の穿った見方であろうか。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336