大相撲秋場所歴史的逆転劇で横綱日馬富士が優勝!!

大相撲秋場所歴史的逆転劇で横綱日馬富士が優勝!!

東京、両国国技館で行われた大相撲秋場所は、24日千秋楽を迎え横綱日馬富士か豪栄道を破って逆転優勝しました。千秋楽の日は自分はラジオもテレビも見れる環境にいなかったので後でラジオのニュースを聞いて驚いた。

結果的には、一人横綱の日馬富士が優勝。当然の結果なのだが、この秋場所、歴史に残る大混戦になるかと思われた。

なにしろ、この秋場所は最初から横綱白鵬、横綱稀勢の里、横綱鶴竜、そして途中から大関高安と大関照ノ富士が休場。この上位5人が休場するというとんでもないアクシデントで始まったのだ。

横綱大関がほとんど休んでしまう場所、面白みが半減されるかと思ったのだが、実は三役や平幕力士にも十分優勝の希がある場所として、平幕力士の活躍頑張りが目立ち、面白さが倍増、場所が盛り上がった。

そんな中、大関豪栄道は他の力士に差をつけて優勝街道まっしぐらに走っていた。

しかしびっくりだ。その豪栄道がなんと 12日目には松鳳山に敗れ、13日目には 若手の平幕の貴景勝に敗れ、そして14日目には 貴ノ岩にまで破れてしまった。

一体どうしたんだ。豪栄道。

いまさら「しまった」と思ってももう遅い。

時の運か、天の仕業か、神のいたずらか

やはり優勝と言うに文字が彼の脳裏を横切って体が硬くなってしまったようだ。

足が地についていない、それもやはり精神的に何らかの迷いがあったのか。

14日目の時点では、大関豪栄道は11勝3敗、横綱日馬富士が10勝4敗と星1つの差になっていた。

13日14日と連敗する豪栄道を土俵下から眺めていた日馬富士は、ものすごい闘志を体中にみなぎらせて連勝。一方の豪栄道の方は、3連敗をして意気消沈している様にも見えた

これは、もしかすると千秋楽で優勝決定戦にもつれ込むかもしれないなーと思った。

結果は既報のとおり。日馬富士の優勝。日馬富士としては9回目の優勝。11勝で優勝するのは平成8年の大関武蔵丸以来というからなんと19年ぶりのことだ。

思うに相撲や勝負事はまさに「心技体」が最高潮に保たれていなければ、いつ墓穴を掘るかわからない、まさに、紙一重の世界なんだということを、あらためて感じた。

参考動画

優勝決定戦

貴ノ岩豪栄道戦[14日目】

貴景勝豪栄道戦[13日目】

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. 南から来た、自由人 より:

    日馬富士、横綱の面目を果たしましたね。

    それにしても豪栄道はもったいないことをしました。