スウェーしないスイングを楽に作るポイント

スイングは、シャープに振れる・・・

スイングは、シャープに振れるようになる事がとても重要です。
ピシッとキレのあるスイングができれば、ボールも飛びますし、
狙い通りも飛ぶものです。

ただどうしても思うようにキレのあるスイングが出来ない
という場合もあります。

そういう場合は、どこか締まりのないスイングになっているケースが
とても多いです。

特にトップで締まりが無くなって・・・

特にトップで締まりが無くなってしまうと、スイング全体が
シャープに振れませんし、キレも出てきません。

シャープにも振れないし、キレも出ないとなると
やはりナイスショットは難しいものです。

また、そうなるとヘッドもしっかり加速できないので、
軌道も狂う事が多くなり、ミスショットも増えてしまいます。

シャープに振れない・・・

シャープに振れないな、キレもよくわからない、
ミスショットも多いという場合は、トップを意識してみましょう。

トップを意識といっても、トップの手や腕の形ではなく
トップの時の足の状態をチェックしてみましょう。

トップの時に右ヒザが・・・

トップの時に右ヒザが右に流れていませんか?

上体をトップの位置まで回転させた時、
右ヒザが右に動いてしまうと、それだけで締まりのないスイングに
なってしまいます。

そうなると切り返した後もシャープに振れないので、
ヘッドが走る事なく何となくのショットになってしまうのです。

トップでも右ヒザは、アドレスのままです。
それを注意しましょう。

アドレスした時から右ヒザは・・・

アドレスした時から右ヒザは動かさないのです。
これを徹底させてみましょう。

右足のつま先に体重を乗せると、右ヒザが流れる事も
無くなるので、簡単に締まりのあるスイングになります。

是非、右足つま先に体重をかけて、右ヒザを固定し、
締まりのあるスイングが出来るようになりましょうね。

ゴルフに最適!
正しい姿勢をキープし、体感を鍛える「金剛筋シャツ」

>>> 詳しくはコチラ「金剛筋シャツ」

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. 南から来た、自由人 より:

    膝が右に流れる現象を止めるのは、よく言う「壁を作れ」ということですね。

    私は椎間板ヘルニアの手術をして、右足親指に力が入らないので、右足外側全体で踏ん張るようにしています。

    今度はさらに意識してみます。