【函館山の夜景】北海道に来たら、ここにいらっしゃい!(2)

第2弾は函館山、しかも藻岩山に続いての夜景です。

藻岩山のページでも書いておりますが、以前の「日本三大夜景」のトップが函館山でした。

しかし、平成27年(2015年)に一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロ」などが主催した「夜景サミット 2015 in 神戸」で、函館山は第4位に下がってしまいました。

しかし、その独特の形状を示す半島の形どおりの夜景は、やはり魅せるものがあります。

かつて「夜景」をもじった「8K」から8月13日を「夜景の日」と定め、家々のカーテンを開いて夜景を一層明るく美しく見せようという試みは大変好評でした。

これは函館出身の大学生の投書をきっかけに「函館夜景の日実行委員会(函館青年会議所・函館観光協会等)」によって1991年から実施されている記念日です。

当初は市民の協力もあり、当日の夜は一層灯りが多く、強くて人々を魅了しました。

しかし最近は各家庭のプライバシーの問題等もあり、一頃よりは灯りの数の減っているようです。

それでもやはり観光で来た人々の歓声は昔と変わらずに聞かれます。

また、周囲が海なので、漁火もあなたの旅情をかきたてる演出をしてくれます。秋から冬にかけては空気が乾燥するのでよりきれいに見えますよ。

函館山ロープウエイ株式会社」の話では、日没前から暮れるまでの、灯りが増えてゆく様子を見るのが一番だと推奨しています。

なお、函館山の日没時間は次のグラフのようになります。時間を計算して行くと一番良い景色に出会えるでしょう。

是非想い出に残るひと時を演出してみてください。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336