二所ノ関親方(元大関若嶋津)路上で倒れる!!

                   

「南海の黒ひょう」‼

 19日午後4時15分ごろ、千葉県舟橋市行田2の市道で、大相撲の元大関若嶋津の

二所ノ関親方(60)(本名日高六男)が倒れているのを通行人に見つけられた。

 日本相撲協会の関係者の話によると、親方は市内の病院で頭部の手術を受けて、集中治療室に入ってるとのこと。一時意識を回復した様子、その後は眠っているような状態という。

 船橋署によると、親方は車道に倒れていたが目立った外傷はなく、発見時には話が
できる状態だったという。近くには自転車が倒れていて、当時は雨が降っていたとみられ、署は事件の可能性は低いとみて状況を調べているとのこと。

 病院で取材に応じた湊川親方(元小結大徹)は「自転車で転倒して頭を打ったのではないか。皆さんにご心配をお掛けした」と話していたと言う。二所ノ関親方は、日本相撲協会理事で審判部長。1975年春場所で初土俵を踏み、82年九州場所後に大関に昇進し。
 浅黒い体とスピードあふれる取り口で「南海の黒ひょう」の愛称で人気を集めていた。鹿児島県出身。87年名古屋場所で引退するまで2度優勝した。(道新1部参照)

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. ヘルシーママ より:

    こんにちは
    テレビをつけると
    ちょうどこちらのニュースやってました
    回復を祈りたいと思うのと同時に私達も
    事故って何処で何が起きるかわかりません
    自分の意識によって避けれる事故もあります
    年齢重ねていくと段々変な自信が付く事ってあるので
    心配する家族やまわりの友人の貴重なアドバイスは大事と最近感じます

  2. キャップ より:

    最初にこのニュースを耳にした時は、脳梗塞か何かで倒れたと思っていました。

    このコメントにもあるように外傷がない訳でしょう?それなのに手術をしたというからてっきり・・・。

    そのうち真相が発表されるでしょう。