ビットコインの暴落はあるか?

ビットコインの暴落はあるか?

2017年11月に入って、ビットコインがすごいことになっています。
おそらく今年一番の上げでしょう。

10月に50万円を超えたあたりから、一体どれくらいまで上げるのか、暴落はあるのか、などなどネット上の書き込みが多数入り乱れました。

10月に60万円を超えたあたりから、天井の値段を予想する書き込みが盛んになり、多くのビットコイン保有者や投資家が世界中の取引所の動きを固唾を呑んで見守るという状況が続きました。

11月に入った途端、もうこれが限界ではないかと思われていた矢先、ビットコインは、あっという間に70万円をつけ、7月2日には847,000円まで到達しました。

ついにこらえきれずに、大口で利益確定する動きが起きて、一気に771,000円まで下落。このまま一気に暴落するのかと思いきや、ビットコインは粘り強く80万円台を回復。現在、79万円台に落ちてきています。

まさに、当初の予想は73万円程度で天井を付け、下がるだろう。というのが、大方の予想でしたが見事に裏切られた格好になりました。

今後の展開

米国の先物価格が70万円を超えたということで、一気に85万円近くまで駆け上がったビットコインですが、流石に買い疲れが出たということで現在は調整しています。

まさに、予想も何もあったものではありませんが、相場は相場に聞けということで、上昇傾向が強いときは「買い方」につき、下落傾向があるときは「売り方」につけというように、臨機応変に立ち向かうのか、あるいは、じっくり構えて、年明けまで保有するとか、覚悟を決めて対処しなければならないようです。

大方の予想では、52万円台の底値をつけるかどうかと言われていますが、どうでしょうか。

今年の下落傾向を見ると、ビットコインの調整期間は最大でも1ヶ月半、通常のパターンなら、4~5日調整するとすかさず前回高値を抜いてくるという猛牛パターンが多く、それを根拠に買われてくるかもしれません。

誰かが言っていましたが、年明けには1万ドルをつけるということも十分ありえると見て置かなければなりません。

同時に、11月中旬に予想されるビットコインのハードフォークを材料に、う「売り方」の大攻勢=暴落も予想しておく必要があります。

筆者としては、最後に残しておいた僅かなビットコインも、80万円をつけたところで一旦売りです。

そして、52万円があるかどうかはわかりませんが、4日以上の連続下げのあとの値動きを見て、あらためてロングしようと考えています。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. ヘルシーママ より:

    もう
    高くて
    びっくり‼️

  2. キャップ より:

    今年の始め頃はまだ1桁ではなかったかな?
    それがすごいことになっていますね。投資の醍醐味でしょうか。

    にこにこ顔の人が多いでしょうね。

  3. ゴルゴ50 より:

    11月のハードフォークは要注意かもしれませんね・・・