ミート率の高いショットを打つちょっとしたコツとは?

ミート率とか言うと、とてもレベルの高い難しい事のように
感じてしまうかもしれませんね。

でも難しい話ではありません。
ミート率が高いという事は、簡単に言うと、
当たるショットという事です。

大きなミスをしない程度にちゃんと当たる!
噛み砕くとこういう感じですね。

例えば、
ドライバーでチョロやザックリやテンプラなどの大きなミスが出ないで
普通に振れば、普通にある程度は当たって、真っ直ぐに飛ぶショットを
打てるようになりましょう!という感じです。

大きなミスが出る大きな原因は、
スイングで上下動してしまう事です。

もちろんミスの原因はたくさんあり、大体は複数の原因が
重なり合い、それらがタイミングよく悪い影響を与え、
それがミスになります。

しかし、そういう複数ある原因においても、
スイング中の上下動は、ミスの大きな原因となるのです。

頭が動いたり、体が起き上がってしまう事で
スイングに上下動が生まれ、それが大きなミスに直結するのです。

この上下動、もちろん頭を動かさないとか上体を起こさないという
注意も大切なのですが、ある部分を意識すると、意外と簡単に
矯正できる事も多いのです。

その部分というのが「ヒザ」です。

「ヒザ」の高さを意識するのです。
ヒザの高さをスイング中に変えないように意識するのです。

スイング中にヒザの高さが変わると、スイングが簡単に上下動してしまい
ミスに直結するのです。

頭を動かさないように!とか思っていても、そのもっともっと下にある
ヒザが上下の動きをしていると、頭の動きも抑えられません。

頭を動かないようにしてスイングしているのに、
大きなミスがよく出るという場合は、ヒザの高さを意識して
スイングするように練習してみましょう。

今まで頭を動かさないようにってスイングしていた場合
スイングに余計な力が入っていたり、窮屈なスイングになって
いたりする事もあります。

それでも治らないという人が実は結構います。

頭は動かさないように気を付けているのに、トップなどが出る場合は、
ヒザを意識してみましょうね。

「ヒザを意識する」こんな簡単な事、たったこれだけで
ミスが激減する人を私は、たっくさん見てきました。

頭を動かさないようにってスイングするより、
何倍も簡単で、楽に振れるのに、ミスも減る、そんな方法です。

ミスが多いと自覚している場合は、ヒザを意識してスイング!
ミート率がグッと良くなりますからね。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. ヘルシーママ より:

    へぇ~~~
    これまた凄いね
    失敗したぁ
    私のゴルフセットは何処へいっちまったんだぁ~~
    なんかゴルフして見たくなってきたぞぉ