【仮想通貨の基礎】ビットコインは投資対象から世界共通通貨へ

ビットコインなどの仮想通貨は、すでに金融庁でもその交換価値としての機能を認めており、国民の中にも徐々に浸透してきています。

もう一つは、仮想通貨はビットコインを始めとして、「金」と同じように、投資の対象になっています。

ここ数日のビットコインの値上がりはすざましいものがあり、1BTCが140万円という所まできました。

ビットコインの特徴

その最大の特徴は、発行主体がなく管理主体もない通貨で分散型の通貨となっています。

発行主体がないというのは、国とか、中央銀行とかが発行したものではなく、ブロックチェーンというコンピューター上の技術によって、デジタル上のデーターとして記録される通貨であるということです。

管理主体がないというのも、銀行や政府機関や特定の企業などの支配を受けることがないと言うことと、参加するすべてのコンピューターによってデーターが共有(監視)されていることで、一切の偽造が出来ないシステムになっています。

分散型通貨というのは、発行主体や管理主体がなく、書き換え不可能な通貨データーを繋がったすべてのPCによって管理されているので、外部の景気などの影響を受けない特徴があります。

現在も海外の弱小国では法定通貨の信用度が低く、ハイパーインフレなどによって、紙くずになってしまったり、預金封鎖されたりします。

そうすると、その国の法定通貨は使えないことになってしまいますが、ビットコインにはそのリスクはありません。

ビットコインを取引所に預けておくと、場合によっては、取引所が破綻したり、ハッキングを受けたり、あるいは持ち逃げされたりということはありえますが、個人が自分のPCやハードウオレットなどで管理していれば、外部の影響による危険やリスクはありません。

必要なときに自分のウオレットから世界中の相手先のウオレットに、素早くかつ低料金で送金が可能です。

送金手数料が安い

送金手数料は非常に安いです。ビットコインを始めとする仮想通貨の送金には、僅か数十円ですみます。しかも早いです。

ところが、法定通貨の場合、アメリカでは、同じ国内に送金するのでも、2,000~3000円は普通のようですし、海外送金には数千円かかります。

この点日本は恵まれていますね。国内送金だと数百円で済みますし、祝日前に手続きしても休日明けには到着します。

しかし、ビットコインは日本の銀行送金よりも、手数料は僅か数十円で住むし、スピードも瞬時ですし、土曜日曜も関係ありません。
この便利さを知って世界中の人がビットコインを使うようになると、銀行は立ち行かなくなってしまいます。

クレジットカードとの違いは

現金を必要としない点では同様です。

しかし、クレジットカードを作るには、基本的に銀行に預金が必要ですし、本名や住所などの個人情報の登録が必要です。
ビットコインには、個人情報を一切登録することはありませんし、ビットコインが登録されたウオレットさえ持っていれば、出し入れ、送金は個人情報なしに可能です。

ただ、その匿名性があるゆえに、犯罪に使われるのではないかとか、自分の名前が登録されていないので不安だという声があります。
しかし、改竄できないデーターですから、大丈夫だとの指摘もあります。

世界中で使える

ビットコインや仮想通貨は、世界中に広まれば、世界中で使えます。すなわち、その国の通貨に両替する必要が無いのです。支払いの相手方がビットコイン決済を認めるなら、それで十分です。

逆を言えば、今ビットコインは世界中に広がっていますから、東京オリンピックに来る外国人のためにビットコインが自由に使える店舗やATMなどをどんどん増やすことにより、お客様をたくさん増やすことが出来ることになります。

これからは、ビットコインはじめ仮想通貨は、値上がり益を見込んだ投資対象から「金」のように資産として保有することが一般的になると同時に、世界共通の通貨として国境を超越して使用されるようになるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. ヘルシーママ より:

    人生とは?
    あの日あの時あ~してたら?
    がははは