大相撲初場所の新番付発表あり、横綱白鵬在位1位に!!   

関連画像

大相撲初場所の新番付発表あり、横綱白鵬在位1位に!!

  大相撲初場所(来年1月14日初日・両国国技館)の新番付発表あり、東横綱白鵬が在位63場所目を迎え、元横綱北の湖と並び史上第1位となった。

  21歳の貴景勝が新小結に、昇進し、師匠の貴乃花親方(元横綱)が育てた初の三役。元横綱日馬富士の引退し、横綱は1年ぶりに3人に減った。

  休業中の稀勢の里は西、鶴竜は東の2番目。

  横綱鶴竜は「力士会、十両以上70名」の新会長に27日に選ばれる!!

   新入幕は、阿炎(埼玉県出身)、竜電(山梨県出身、右関節の大けがで十両から一度は序の口に転落)。

   再入幕は、蒼国来(中国出身)、豊山(新潟県出身)、石浦(鳥取県出身)

   幕内から、十両へ、貴ノ岩は、暴行事件の被害者で、東前頭8枚目の先場所を全休した、東十両3枚目にさがった。

    今場所も全休すれば幕下転落が濃厚な地位だが、日本相撲協会は診断書提出を条件に、全休でも3月の春場所では十両最下位にとどめる特別救済措置を取るとのこと。
 
   新十両は、水戸龍(モンゴル出身)、天空海(茨城県出身)、再十両は、栃飛龍(静岡県出身)、大翔鵬(モンゴル出身)、希善龍(香川県出身)です。
 
    気になる・・・北海道出身力士は、どうだろうか?

   北海道出身力士は、現在は、17人。幕内 0人、十両 1人、幕下 3人、三段目 6人、序二段 5人、序の口 2人、

        十両は、旭大星(旭川出身)先場所東十両6枚目で9勝6敗と勝ち越した、西十両筆頭で自己最高位を更新。2桁勝利を挙げれば、

           道内出身者では26年ぶりとなる新入幕に手が届く好位置に付けた。

        幕下は、矢後(芽室町出身)先場所西十両14枚目から東幕下筆頭に転落、一山本(岩内町出身)東幕下26枚目から東21枚目へ上げた。(道新一部参照)

関連画像

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. SATさん より:

    白鵬在位1位なんですね。
    おめでとうございます。

    北海道出身力士もがんばって欲しいですね。