ビットコインが2018年も上昇する根拠と投資方針

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オススメ

ビットコインが上昇する根拠とは

ビットコインが2018年も上昇を続ける根拠はいくつもあるが、絶対視するのは大怪我をする可能性もある。

2017年のビットコインの価格推移

2017年4月 12万円台

2017年12月 230万円台となり年末160万円台となった。

実に20倍の値上がりになった。

果たして2018年はどうなるのか、気になるところ。

なぜこんなにも値上がりをしたのか。

その理由として私なりに次のように考える。

ビットコイン価格上昇の根拠

1 2017年は仮想通貨元年と言われ、世界中の国や人々にその価値が認められてきたこと。

2 仮想通貨の中でもビットコインは、その魁であり、最も名前が知られていたこと。

3 日本をはじめ世界の多くの国々で法的に仮想通貨が通貨として認められたこと。

4 ビットコインは実際に、送金手段、商品購入手段として通貨の代わりに用いられていること。かつ、専用のATMが各国、各地に設置され、外貨の両替という面倒な手続きをしないでも通貨として用いられる利便性が向上したこと。

5 ビットコインを通貨として使用できる店舗が急激に増加してきたこと。

6 ICO案件が増え、ビットコインがICO発行トークンの購入コインとして用いられることが増加すると見込まれること。

7 ビットコインは、発行上限が1200万BTCと決まっているところから、保有している人が増えることにより、残存するビットコインの価値が高まるのは必然と考える人が増えたこと。

8 2017年12月には、シカゴのCBOEでビットコイン先物取引が開始されたこと。さらに2018年にはナスダックでビットコインの先物取引が開始される予定であること。

9 日本などでビットコインのテレビ放送がされ、ビットコイン=詐欺アレルギーが徐々に解消されつつあること。

10 2018年には日本国内でも、1月11日にDMM証券の「DMMBitcoin」、SBI証券でも「SBI バーチャルカレンシーズ」の仮想通貨取引所をオープンする予定になっており、当然ながら、ビットコインが主要取扱い通貨となること。

などなど、ビットコインが今後も値上がりするという論拠は、数多く流布されている。

大金の投資はより慎重に

しかし、気をつけなければならないのは、ビットコインに投資する場合、大口投資家や仕手が介入し、先物取引の上場などで、空売りが増え、乱高下が一段と激しくなることも、充分考慮に入れていかなければならない。

しかも、ビットコインだからと言って手放しで安心できるとは限らない。

なぜなら、ビットコインの脆弱性を補完する、ハードフォークやアルトコインが続々と誕生しているからだ。

特に、ビットコインキャッシュなどは、数年中にビットコインを凌駕するのではないかとの評価もされているほどである。

ビットコインを信頼しすぎて大金をつぎ込む愚は犯してはならないと思われる。

下手をすると大やけどを負うことになる。

まとめ

1 ビットコインは2017年に20倍にもなった。

2 20倍になった根拠は、仮想通貨が多くの国々や人々にその価値を認められてきたから。

3 2018年も上昇は続くが、乱高下激しく、大手の参入により一般投資家のリスクが大きくなる。

4 ビットコインキャッシュはじめアルトコインがビットコインから首座を奪おうとしている。

5 投資は慎重に。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336