皆既月食!1月31日しし座の満月は赤銅色の月 そして、2月1日は最強の開運日一粒万倍日だって

2018年1月31日は特別な皆既月食?

2018年1月31日、今度のしし座満月は日本でも見ることのできる3年ぶりの皆既月食になります。

国立天文台(NAOJ)によると、日本全国で部分食の始めから終わりまで、ぜ~んぶ見ることのできる、とってもよい条件の皆既月食が起こるそうです。

20時48分に月が欠け始め、21時51分には完全に欠けて、皆既食が1時間17分続きます。

その後、23時8分に戻り始めて、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い満月に戻りますので、見やすい時間帯に起こる月食ですね。

そのうえさらに特別な満月のようで、

天下泰平さんの記事から以下転載します。

2018年1月31日は、今月2度目の満月。

1ヶ月に2度の満月を「ブルームーン」と呼びますが、今月のブルームーンは「皆既月食(ブラッドムーン)」でもあり、日本で皆既月食とブルームーンが重なるのは、1982年12月以来の約35年ぶり。

さらに今月は月が地球に最接近中の「スーパームーン」でもあり、日本でブルームーンと皆既月食とスーパームーンが重なるのは、今から152年前、1866年3月以来の「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」となります。

前回は大きな時代の変革があったそうです。

今回はどんな意味を持つのでしょうか。

新しい時代の幕開け??

そして、2月1日は超吉日だって!

皆既月食の翌日2月1日は天赦日であり、一粒万倍日です。

天赦日とは年に5~6回しかない貴重な開運日です。

日本の暦の上で最上の大吉日とされていて、「万(よろづ)よし」という最高の日です。

一粒万倍日は新しいことを始めるとうまくいくと言われる吉日ですが、他の吉日と重なると効果が倍増すると言われています。

それが天赦日と重なっているので新しいことを始めるには最強です。

さらに、さらに、干支の中で吉日とされている甲子(きのえね)が2月1日で重なっています。

最高に縁起の良い日です!!!

特別な満月の次の日が新しいことを始めるのに最強に大吉日って、偶然とは思えない、宇宙の意思を感じます。

特別な月のエネルギーに浄化され、心に決めた願い事や目標にたいして、新しい1歩をふみだしなさいということでしょうか。

2月4日は立春、2018年のエネルギーの本格的な始まりです。

もしかすると、変化を望まない人にはきつく感じる日々が来るかもしれません。

願わくば自分もまわりも地球もしあわせになる、ワクワクすることに向かって

最高の1年にできたら良いですね。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. キャップ より:

    是非、そのパワーの恩恵にあやかりたいものです。

    楽しみに待ちましょう!