日本一遅い桜の開花宣言

 
 

日本一遅い桜の開花宣言

根室市観光協会はこの5月13日に、
根室市内の桜の名所清隆寺にある
チシマザクラの標本木で開花宣言をしました。
 
以前は根室測候所が開花宣言をしていましたが、
平成22年に測候所が無人化されたことにより、
根室市観光協会がその後の宣言を実施しています。
 
実は、根室と稚内は毎年、
どちらが日本で最後の開花宣言になるかを「争って」います。
 
今年は稚内と釧路が前日の12日に開花宣言をして、
今年は一日遅れで根室が最後になりました。
 
因みに、稚内はエゾヤマザクラが開花宣言の対象となっています。
 
(写真は毎日新聞、デジタル毎日より)
 
今年の日本列島、3月15日に高知市で開花宣言がなされ、
実に2か月もかかって根室に到達しました。
それでも、根室の開花宣言は昨年より2日早く、例年より5日も早いのです。
今年は全国的に開花が早かったのですが、
北海道に上陸してからも各地の開花は早かったようです。
 
こんな年は何か気象上で、大きな問題が起こらなければ良いが、
と余計な心配をしてしまいます。
 
余談ですが、
筆者は10年ほど前に根室まで出かけて花見をしてきました。
炭火で牡蠣を焼いてその美味に舌鼓をうちましたが、
寒さに参ったことを思い出しました。
 
そんな時には ↓
おそらく、根室のチシマザクラは3日ほどで満開になるだろうと思われます。
花見をなさる方は寒さ対策もお忘れなきようご注意申し上げます。
 
(写真は根室市観光協会のホームページより)
 
これから北海道も本格的に初夏に向かって進みます。
北海道が一番美しい季節です。
是非北の大地の大自然をお楽しみいただけますよう
皆様のお越しをお待ち無視上げます。
 
 
次の動画は稚内市に開設されました「北の桜守パーク」のものです。
吉永小百合さん主演の同名映画の公開を記念してつくられたものです。 
 

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336