全勝ターンで大関をほぼ掴んだのは? あいつだ(^o^)丿

大相撲三月場所

 優勝戦は白鵬、鶴竜、栃ノ心絡み!

  力と力がぶつかり合った。 

  栃ノ心逸ノ城との見応えある熱戦を制し、

  幕内で自身初の初日からの8連勝を果たした。

  取組後の支度部屋では「勝ち越しが目標じゃないからね。

  でも嬉しい」と大きく息をつく、表情を和らげた。

  右の相四つで、相手は関取最重量の225キロ。 

  当たってすぐに寄りに後退し、つられてもしのいだ。

  右下手から振って左を巻き替え、もろ差しに成功。

  両まわし引きつけ,渾身(こんしん)の力で寄り切った。

  八角理事長(元横綱北勝海)も逸ノ城とがっぷり四つで

  大相撲を見られるのは、この2人の対戦だけ。

  絵になる」
  
  絶賛した、48秒の激闘だった。

                       (道新一部参照) 

  道内出身力士 西前頭15枚目 旭大星 6勝2敗  

                          東十両12枚目 矢 後 7勝1敗       楽しみである!!

  
 相撲界の話題も変わった!!

  19年振りの日本出身横綱としてフイーバーを巻き起こしてから1年余り。

  7場所連続休場の稀勢の里は、土俵人生の窮地に立った様だ。

  復活の見通しは極めて厳しい。

  けが以上に深刻なのは、取り口そのもの様だ。

  8日の二所ノ関一門による連合稽古では、

        34歳の琴奨菊の圧力に腰がすぐに伸び上がり、

  稽古後の横綱はいすに座り込み、落胆を隠せなかった様子。

  芝田山親方(元横綱大乃国)は仕切りで腰が下りていない点を指摘し

       「自分で見詰め直さないといけない」と話いていた。

  4月以降に稽古をした幕内力士は

  「攻めようとするたびに力が抜けていくようだった」と証言。

  本来の強さも消えてしまった様・・・

相撲観戦チケットはこちら!

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336