右肩への意識でドライバーを得意なクラブに

右肩への意識でドライバーを得意なクラブに

ドライバーは一番長いクラブなので・・・

ドライバーは、一番長いクラブなので
扱いが非常に難しいものです。

長いというだけで、スイングで変な動きになってしまいますし、
反対にスイングで変な動きになっていると、その影響も
大きく出てしまうのです。

ドライバーは長いクラブなので、ミスも多く出てしまうのですが、
ミスが多いからとスイングをいろいろ矯正するものです。

その矯正スイングをどんどん悪くしている・・・

しかし、その矯正自体がスイングをどんどん悪くしている
というケースも非常に多いです。

簡単に言うと、当たらないから当てようとする。

本来は、正しいスイングが、正しいタイミングで振れるように
なってくると、自然と当たるようになるのですが、
当たらないからと、無理に当てようとする事で
手打ちになり、スイング自体が悪くなっていくのです。

特に当てたいという思いが強くなりすぎると
振り抜く事より、当てる事に意識がいくので
手でボールに合わせにいってしまうのです。

手打ちが加速していく・・・

手だけでなく上体もボールに合わせるように動いてしまい
どんどん手打ちが加速していくのです。

ドライバーが当たらないから、当たるようにスイングを矯正している、
と言えば聞こえいいですが、スイングをどんどん手打ちにしている
かもしれないので、注意が必要です。

どうスイングを変えればいいの・・・

では、ドライバーが当たらない時はどうやってスイングを
変えていけばいいのでしょうか?

その方法の1つが、右肩を意識する事です。

ボールに当てようとすると、右肩が前に出てしまうケースが
とても多いです。

右肩が前に出ると手で合わせる事になりますし、
軸も不安定になり軌道が大きく狂ってしまいます。

また、ヘッドが振り切れなくなり、加速しなくなるので
飛距離も大きく落ちる事になります。

右肩はアドレスの時と同じ場所で打つ
という意識を持つのです。

スイングで体の動きは一瞬なので・・・

実際には、スイングにおいて体の動きは一瞬なので
右肩の動きをコントロールするのはとても難しいのですが、
「右肩はアドレスの場所で打つ」とか、
「インパクトで右肩が前に出ないように」というくらいの意識を
持つだけで、右肩の突っ込みが抑えられます。

「右肩はアドレスの場所で打つ!」
「インパクトで右肩が前に出ないように!」

この意識を持って練習をしていると、腕も振れるようになり、
ヘッドが自然と加速するようになり、飛距離も出るようになります。

また、ヘッドも無理なく加速する事で、軌道もいつも同じに
なるので、当たるようになるのです。

ちょっとした意識で・・・

ちょっとした意識でスイングが大きく変っていくので
ドライバーが当たらない、飛ばないという場合は
是非トライして下さいね。

右肩を意識する事で、当たるようになり、飛ぶようになり
ドライバーが得意なクラブへと変わっていきますからね。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. キャップ より:

    先日のダルダル・ダルビッシュの打ち方、本日実践してきました。
    結果、面白いようにボールが飛びました。しかも曲がらずに!

    このシリーズ、とってもためになります。今後もよろしくお願いします。

  2. トミー より:

    僕はゴルフをしないので難しいことはわかりませんが、難しいですね。