野生動物学コース~生キャラメルブームを生んだ田中義武の母校とは?

スポンサーリンク

野生動物学コース~北海道の酪農学園大学

ご存じのように北海道は自然がいっぱいあり、

野生動物の種類や数も多く、観光客もその野生を

求めて来る人もいます。

一方、列車のヒグマやエゾシカの衝突による被害、

それらの野生動物による農業被害等はなどは、

年間42億円にものぼります。

その対策は以前からなされてるのです。

例えば、道東を走る列車の線路沿いに高さ3メートル程の

金網を巡らせ、鹿や熊の新入を防いでいます。

他にも列車が走る風圧で鳴らす「鹿笛」、

線路内にいくつか設置する反射板。列車のライトを反射させ、

鹿に気づかせるなど対策を実施していますが、

一番効果があるのは、やはりネットです。

しかし、線路の両側にネットを張り巡らせる訳ですから

その費用も大変なものです。

そんな野生の動物の習性を研究し、有効な対策を研究する、

というのが、ここで紹介する酪農学園大学・環境共生学類・

「野生動物学コース」なのです。

北海道ではハンターの数が減少し、新たな捕獲方法が

必要になっています。

野生動物の行動パターン、夜間の生態をオス・メス・子ども

についても調べ、専門知識を学生に与えて

ハンターと行動を共にするという構想もあります。

また、捕獲した鹿肉は最近ではレストランで提供する機会も増え、

少しずつ商業的な方向にもその利用がなされています。

そういう流通面も期待されるところです。

そんな専門家が増え、野生動物と共生できる北海道を

築き上げて欲しいものです。

(参考:酪農学園大学ホームページ、JR北海道ホームページ)

こちらもご参考に↓

エゾシカによる被害拡大阻止に協力する!

ヒグマそこが知りたい―理解と予防のための10章

タイでバカ売れのチーズを味見する!

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336