IOCで利用が決まると爆上げするICOとは?

現在世界中で人気沸騰中の イースポーツ!

日本はまだまだ遅れており知られていません。

しかし既にIOC国際オリンピック委員会が種目を検討中とか?

第18回アジア競技大会(18日~インドネシア・ジャカルタ)に出場するeスポーツ日本代表選手の壮行会が9日、都内で行われた。

 eスポーツとは「ウイニングイレブン」「ハースストーン」などに代表される家庭用の対戦ゲームを競技化したもの。アジア大会では今回公開種目として行われる(2022年の次回大会から正式種目)。この日は東アジア予選を勝ち抜いた3人(「ウイニングイレブン2018」2人、「ハースストーン」1人)が出場する。「ウイニングイレブン2018」の代表・相原翼(18)は「一番いい色のメダルを取りたい」と意気込んだ。

 eスポーツは新しいジャンルの競技だが、世界では大変な盛り上がりを見せており、年間億単位のギャラを稼ぐプロも登場している。将来的には五輪競技になる可能性も強く、JeSU(日本eスポーツ連合)副会長の浜村弘一氏は「五輪競技になるのはいつかは断言できませんが、すでにIOC(国際オリンピック委員会)ではどのゲームを五輪で採用するかを論議しています」というから近い将来五輪正式種目になる可能性は高い。

 また、国内でもeスポーツの競技会が目白押し。「ウイニングイレブン」ではサウジアラビアとの国際大会が予定されている。また「実況パワフルプロ野球」ではNPB(日本野球機構)と共同で「eBASEBALL」の開催を決定。今秋にはプロのパワプロプレーヤーも登場する。もしアナタのお子さんが天才的なゲーマーなら、将来プロのeスポーツ選手を目指すのもいいかもしれない。

                         最終更新:8/10(金)
                                           東スポWebより

 

そして今世界が注目するイースポーツにいち早く資金を投資したのが

アリババとエアアジアだ!

世界大会、オリンピックと成れば数万人が移動をする!

インフラ整備もされる!

大量の金が動く!

しかもこれからは、円だの$だのユーロだのと

換金しなければいけない各国の「法定通貨」など邪魔なだけ

そこでアリババとエアアジアはチャータープライムの開発した

モグコインとモグスマートルーターに注目したわけです。

ゲーム内で課金するにしても各国の通貨がバラバラだと

やり辛いですよね! 価値が違うのですから!

賞金に関しても同様です。

共通通貨を使えば楽だし価値も均一に出来両替しなくても良い!

しかも、仮想通貨だとネット上で簡単に24時間送受信可能!

そしてこの イースポーツがオリンピック種目に成ったら!

アメリカの世界第3位のゲームメーカースチーム社も

モグコインとモグスマートルーターの開発に協力してますから

イースポーツと言えばモグコイン

イースポーツと言えばモグスマートルーターに成る訳です!

世界中がイースポーツをする為に

モグコインとモグスマートルーターに切り替えたとしたら?

どんだけーーーーーー?

だから、モグプロジェクトはただのICOでは無いんです。\(^o^)/

その辺のICOと比べるレベルでは有りません!

世界中の一流投資家が

イースポーツとモグプロジェクトに出資しています。

まだプレセール間に合います。お求めは↓

友だち追加

友達登録したら ICO とコメントくださいね!

コメントかスタンプ頂かないと友達追加できませんから!

残り僅かのこのチャンスを是非掴んで下さいね(^^)/

チャンスの神様は前髪しか有りません(゚Д゚)ノ

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336