Duolingo学習報告 第15日目

スポンサーリンク

色の勉強

 
なんて書くと、え、と思う方は
おいでになるでしょうか?
 
色の道ではなく、色です。
 
赤、青、黄色・・・ですよ。
 

幼稚園児級

 
キャプチャーをご覧ください。
ここで、キャプチャーが記録されていませんでした。
ごめんなさい。
 「赤の単語を選んでください」
 blue red pink
という簡単な問題です。
 

昔の話

 
そういえば、幼稚園児が
「いろんな色を英語で言えるよ、
 
という男の子がいたので、
「赤は」→「レッド」
「青は」→「ブルー」
「黄色」→「イエロー」
 
「じゃあね、ピンクは」→「ももいろ!」
 
という会話を楽しんだことがあります。
 

彼女はピンク?

 
次のキャプチャーの中身は読めますか?
 
 
Her collor is pink.
 
答えは当然、
彼女の色はピンクです。
となりますよね。
 
え、彼女がどうしてピンク色なの?
と私は思いました。
 
彼女は宇宙からきた異星人か
体全体がピンク!
 
そういう物語が背景にあると、もしかしたら
この勉強ももっと楽しくなるかもしれませんね。
 
これは彼女の服がピンクで、
「メリーはどこにいるの」
と聞かれて、
「服の色ですぐにわかるわよ、彼女はピンクです」
 
ということなのでしょう。
でもここでは
 
 Her hat is pink.
 
とでもしてもらった方が悩まなくて済んだかも。
 
もしかしたら、私がよけいなことを考えてるの
かもしれません。
 
この回も無事に終了です。
スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336