Duolingo学習レポート 第6週

スポンサーリンク
現在形は9回のレッスンで終了しました。
そんなに苦労はありませんでした。
とは言うものの、三人称単数の動詞に「s」を付ける
のを忘れたことはあります。
 

副詞

今日の2つ目の内容は「副詞」です。
 
昔から「助詞(女子)と副詞は難しい」
と言われます。さてどうなることやら・・・。
 
あなたはトマトと同じくらい赤いです。
 you are as red as tomato.
 あの as ~ as から始まりました。
 
 
でもあなたが赤いという表現はありますかね。
服装が赤いのか、もしかしたら顔が赤いのか。
そうか、恥ずかしいとか、飲み過ぎてとか?
 

 He is too tired.

彼はあまりにも疲れています。
聞き取りですが、最後のdを抜かしました。
 
こちらの方も疲れています。
 

And then?

 
それから、と訳しました。一応正解ですが、別の解では
「で、それから?」とありました。
この and を「で」と訳すのは以前にもあったような。
 
結局、英語は記憶が必要です。
 
日本語だって同じですよね。言葉は覚えていないと使えません。
 

英語で表現

 本当に申し訳ございません。
 I am sorry verry mutch.
 
 
 
不正解で、正解例は
 I am very sorry.  または I am really sorry.
でした。
だめかなあ、私の解は。もちろん、スペルはまちがっては
いるけれど。
 
 
 
ヒアリングでまた間違い。 I can’t.3回聞いて、そう聞
こえました。でも正解は again?
 
I can’t の中にどこに
副詞がある?という疑問は持ちましたが、
何回聞いてもagain とは聞こえませんでした。
 

approximately

 The color is approximately the same.
 その色はほとんど同じです。
 approximately=大体同じ、ほとんど同じ
 
ですが、初めて目にする単語だと思います。
何せ、昔習った英単語の80%は記憶の彼方ですからね。
 
今週も何とか終了しました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336