Duolingo学習レポート 第14週

スポンサーリンク
 
I have reduced the amount of sugar .
私は砂糖の量を減らしてしまった。
 
正解例の「減らしてしまった」、という表現が気になりました。
良い意味:ダイエットのために、意図して母の飲むコーヒーの砂糖の量を減らしてしまった。
悪い意味:甘みを抑えたケーキを作ったが、砂糖を減らしすぎて美味しくないケーキができてしまった。
こういう感じなのでしょうかね。
 

不定詞の2

 He dose not allow me to see my friend.
  彼は私の友人に会うことを認めなかった。
 
いったい、何があったのだろうと考えてしまいました。
父が、私の付き合っている「友人」に会おうとしないのかな、なんてね。
 

Even though

 
 彼は貧しいにも関わらず、幸せだ。
 Even though he is poor, he is happy.
Even thoughなんて、すっかり忘れていることばでした。
 

 When do I die ?

 
私はいつ死ぬのだろう、とか私は死ぬ準備ができている
とか、死を意識した文章がやたらと出てきます。
 
昨日、パソコンが仮死状態で何もできず、もちろん、このDuolingoもできなかったので、嫌味に感じます。
 Nobody want to die
   誰も死にたくない。
この文章なら受け入れることができます。
 
 When do I bone? の方がユーモアがあっていいと思います。
私はいつ生まれるんだろうか?
「青い鳥」のチルチルとミチルが、間もなく生まれて来るきょうだいに会った時のことを連想しました。
 

まぎらわしい

「彼らは数え万を知っている。」
 
この文をあなたは何と読みましたか
「彼らは数え方を知っている」と読みませんでしたか?
そうなんです、私も「方」と「万」を選び間違えました。
 
この解答欄に「万」を持ってくる意味がありますか?
それとも私のようにそっかしい人間に注意を与えるためでしょうか?
意地悪としか思えません。
 
 そして次の文章が続きました。
 
私はあれを受け入れない、とまさに私の気持ちです。
 
 関係代名詞をクリアしました。 
 
 he had neve walked
の walked が wontに聞こえました。
 

home

 
 私の答えは
 He had gone his home.
home にはhis が必要だと思いましたが、違うんですね。
houseだったら his houseと his は必要のはずですが。
 
 
 
こんなところがまだよく英語を理解していない点です。
 
 
スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336