バレンタインはチョコでなくても

スポンサーリンク
 
マッサンを超えるか?

ウイスキーの製造所・堅展(けんてん)実業株式会社の厚岸蒸溜所(釧路管内厚岸町)は今年の3月上旬に、熟成期間の短い「厚岸NEW BORN(ニュー・ボーン)」の第3弾を全国発売をすることを発表しました。

第1弾・第2弾も好評で、それに続く第3弾の発売です。

ウイスキーの味や香りは熟成させる樽によって大きく異なります。国産のウイスキーは外国産の中古の樽を使うことが多いのですが、第3弾は北海道産のミズナラ樽で熟成させたのが特徴です。

ミズナラの特長

あまりミズナラの樽を使うことは聞きませんが、同社によると、ミズナラはお香のような独特の香りがつくということで、ウイスキーの愛好家には好評だということです。

同社のHPによると、第3弾は原酒を道産ミズナラ樽(約450リットル)で8~23カ月熟成させた中から選んでものを昨年12月に混ぜ合わせたものです。

広報担当の方は、「かんきつ類などが混じった複雑な風味に、ミズナラ特有の香りが感じられて、愛好家の期待が高まっています。」と話しています。

ウイスキーと言えば、NHKの朝ドラ「マッサン」で余市のウイスキーが一躍有名になりましたが、北海道には良質な水が手に入る場所が多く、ここ厚岸のものもネットなどで購入する人も増えているという話です。

バレンタインにも

今は時期的にバレンタイン・デーが近づいています。

先ほどの広報担当者は「バレンタインのチョコの代わりにウイスキーを贈る方もいらっしゃいます。大人の女性という雰囲気がございますね。」と話しています。

ありふれたチョコレートを贈るより、大人のプレゼントとしても個性的ですね。

ライバルに差をつける一品になるかも。

ただ、販売が3月ですから、今年のバレンタイン・デーには間に合いません。でも、第1弾と第2弾の物が販売されています。

あるいは、3月末・4月始めの異動の時期での感謝の気持ちやお祝いの贈り物にも喜ばれると思われます。

厚岸ウイスキー ニューボーン

 

厚岸ウイスキー ニューボーン 第2弾 ピーティッド 58度 200ml

(楽天市場に飛びます)

(参考:堅展実業株式会社HP)

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336