初場所の優勝賜杯は誰に!! まだまだ、判りませんよ・・??

スポンサーリンク

「大相撲初場所 2019」の画像検索結果

初場所の優勝賜杯は誰に!! まだまだ、判りませんよ・・??

      本日(12日目)で、1敗から3敗の力士6人に、絞られた!!

       この内からの優勝賜杯を受けることでしょう!!

    1  敗 横綱白鵬(1人) 2 敗 西関脇玉鷲(1人) 

                          3 敗 東関脇貴景勝、東8 魁聖、
             西9 遠藤、東15 千代の国  (4人
 
      今場所の活躍者の西小結 御嶽海です、残りを連勝で10勝で大関昇進の

                       足 がかりを!!
  

       ここで、道産子力士は、どうなのか!!

 新入幕 東13矢 後(7勝4敗)今日の取り組み相手は宝富士(東10 6勝5敗)

        給金直しを・・・!

 十両へ格下げの 旭大星(東十9 5勝6敗)今日の取り組み相手は、

      貴源治(東十2 3勝8敗)  

     楽しみである!! ガンバ、ガンバ ガンバレ!!

     今場所で残念で堪らないのは、横綱稀勢の里ことです、横綱稀勢の里は

            「自分を信じて、しっかり集中して、

     力を出し切ればいい」と言っていた。

    稀勢の里に4日目、5日目と土俵に相撲フアンの1人として、上げてほしかった。

      初勝星を得っていたかしれないです。その後、連勝したかも知れない。

 今後の相撲人生にエールを送ります。稀勢の里関のフアンの1人としての、グチです。

  少々、昔の話をしますと、外国出身で、初の賜杯を抱いた高見山が先駆者となった

   ハワイ勢は平成に入って子に小錦、曙、武蔵丸が優勝を果たしたがあくまで 

若乃花、貴乃花ら人気力士のライバルという位置づけだった。だが、貴乃花が03年初場

所で引退して

日本出身の横綱が消え、その場所で優勝した朝青龍が横綱に昇進すると、モンゴル勢が土俵を席巻した。

    これは、何を言いたいのかは、判るでしょう。 日本人力士に変わる歳ではないのかなあ・・・

    この7日の「横綱審議委員会稽古総見」にて、横綱稀勢の里は「自分を信じて、しっかり集中して、 

    力を出し切ればいい」と言っていた。

    9日の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古で、横綱稀勢の里は九州場所の優勝の貴景勝を稽古相手に

    指名して、この日はまわしにこだわらず、思い切り踏み込んで攻める取り口が目立った。

    「(貴景勝は)1番 圧力であるから、圧力負けしないように、前にしっかり行けてよかった。」

    と横綱の口調も明るかった。                              (読売新聞一部参照) 

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336