今年も始動した「流氷物語号」

スポンサーリンク
 
うっすらと流氷が浮かぶオホーツク海に最も近い北浜駅と流氷物語号(伊丹恒撮影)
オホーツク海に最も近い北浜駅と流氷物語号(北海道新聞・伊丹恒氏撮影)

先の記事でもお知らせしましたが、

ついに今年も流氷が接岸しました。

JR釧網線の網走―知床斜里(オホーツク管内斜里町)間を

結ぶ季節限定の列車「流氷ノロッコ号」のあとを継ぐ

「流氷物語号」 の運行が

2月2日から始まりました。

しかし、まだ本格的な流氷は接岸していなくて、

車窓からは小さな流氷しか見えませんでしたが、

乗客の皆さんは冬のオホーツクに広がる自然の景観に

喜んでいました。

第1便は約120人の観光客を乗せて、

午前9時45分に網走駅を発車しました。

進行方向の左手にオホーツク海と知床の山々が見えると、

乗客はその景観に歓声をあげていました。

札幌から来たという家族は

「流氷はあまり大きくはなかったけど、

海も景色もきれいだったので、また来たい」

と感想を語ってくれています。

流氷は風の向きによって、一晩で接岸したり、

遠くに離れてしまうことがあります。

しかし、これからが「流氷本番」の季節です。

流氷を観察できる「ガリンコ号」や「オーロラ号」も始動しています。

特に晴れ渡った空の下の流氷は、感動する程の

美しさです。

是非、ご家族や友人たちとおいでください。

(参考:JR北海道HP、たびらい、北海道新聞2/2版)

氷に覆われた雄大な海を ゆっくり・まったり・じっくり

貴女の好きな時間で、好きな様に、優雅に、贅沢な時間をたっぷりと

ツアーに無い時の流れをご褒美に味わいませんか?

流氷ウォーク・氷上ワカサギ釣り・流氷船体験 写真をクリックして知床へ!

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336