北海道に宇宙版シリコンバレー構想

スポンサーリンク
 
宇宙産業ビジョンを公表する道経連の増田正二副会長(中央)
宇宙産業ビジョンを公表する道経連の増田正二副会長(中央)

北海道経済連合会の発表

北海道経済連合会(道経連)は19日に、宇宙ビジネスを

北海道に集積する構想を発表しました。

その名称は「宇宙産業ビジョン『宇宙で変わる北海道の

未来、日本の未来』」となっています。

十勝管内大樹町が実際に動き始めていますロケット発射場の

整備を中心に、

  • ロケットや衛星の開発製造、
  • 宇宙からのデータの利用

を統合した体制で推進しようというものです。

また、関連事業がお互いに連携して高め合う

「宇宙産業の6次産業化」を実現して、北海道内に

「宇宙版シリコンバレー」を形成しようというのが

狙いです。

シリコンバレー構想

予測した構想では、2030年までに大樹町に整備された発射場から、

  • 民間による衛星打ち上げが日常的に行われるようになる
  • 関連産業が同町周辺に集積する
  • 衛星データを利用したトラクターの自動運転や漁業、                                          医療での活用が進む

とした内容です。

大樹町は鹿児島県内之浦、種子島に次ぐ国内では

第3番目のロケット発射場整備を目指しています。

全体の構想の流れでは、

 ・発射場整備(1次)

 ・ロケットの開発製造(2次)

 ・宇宙からのデータ加工(3次)

の3段階の事業が連携して、経済価値を高め合う

6次産業化を目指しています。

道経連は今回のビジョン発表により宇宙産業集積の

機運を高めたいと考えていることも明かしました。

構想をとりまとめた増田正二道経連副会長は、

大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ

(IST)が、宇宙空間到達を目指しロケットの打ち上げを

民間単独で行っていることにふれ、

「北海道が宇宙産業の先進地になる環境が整いつつあります。

衛星データを使った自動運転による除雪の効率化など宇宙利用

には大きなニーズがあるはずです」

と期待を寄せていました。

具体的な構想

なお、2030年までの具体的な内容は次のとおりです。

 1 一時産業での利用

 ・トラクター自動操舵の普及

 ・農産物の生育診断・営農支援

 ・水産業における衛星データによる漁場予測の普及

 2 建設業  

 ・AIによる重機の自動運転

 ・除雪車のアシスト

 3 運輸・物流業

 ・車やバスの自動走行

 4 製造業

 ・民間の衛星・ロケット製造の増加

 5 インフラ保全(災害対策)

 ・地殻変動の計測からのインフラ保全

などとなっています。

2040年構想も

さらに、2040年の構想では、人工流れ星や

宇宙ホテルなどにも言及しています。

はたしてどれだけ実現できるか楽しみですね。

 (参考:北海道経済連合会発表PowerPoint、北海道新聞電子版、はてなブログ)

 
スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
おすすめ336