1瞬でコンパクトなスイングを身に付ける方法

自分のスイング・・・

ゴルフでは、自分のスイングをする事がとても大切です。

ただ当たりが悪いと、どうしても飛距離が出なかったり
打ったボールの勢いが出なかったりするものです。

そうなると2つのタイプに分かれます。
1つは、当たりが悪いので手で合わせるようなスイングになり
背中が曲がりスイングが小さくなってしまう場合。

そして、もう1つが、飛ばないという事でスイングが
大きくなってしまう場合です。

スイングが小さくなり・・・

スイングが小さくなり、背中が曲がり頭が下がるほど
手打ちになっている場合は、鏡を見るとわかります。

自分のスイングが縮こまっているなと気が付くものです。
そうなっていれば治す事も簡単です。

少し胸を張るようにして、大きく、堂々とした態度で
アドレスをすると、本来のいいアドレスで打てるようになります。

意外と気が付きません

でも、スイングが大きくなっている場合は、
意外と気が付きません。

しかも、長い間それが続いてしまうと、本来普通のスイングが
わからなくなってしまうのです。

だから、当たりが悪い、飛ばない、ミスが多いという場合は、
まずは鏡の前でスイングし、スイングが縮こまっていないかを
チェックしましょう。

大丈夫なら、大きなスイングになっている可能性があるので
スイングを小さめするように心掛けてみましょう。

ただスイングを小さく・・・

ただスイングを小さくするとなると、何を基準にしていいのか
わかりにくいですし、実際にどうすればいいのか
わからないものです。

そこで、もしスイングが大きくなっているかもという場合は、
コンパクトスイングで練習してみましょう。

コンパクトなスイングをすると、タイミングや力加減が
変わりシャープに振れるようになります。

ただコンパクトなスイングと言われても、これも何が
どうすればいいのかわからないという場合は、
クラブを少し短く持って打ってみましょう。

グリップエンドを・・・

グリップエンドを2cmくらい余すくらい短く持つだけで
スイングはコンパクトになります。

そして、普段から実際に練習して、タイミングやリズムを
身に付けるようにしておきましょう。

実は、これを普段の練習の時にたまにやっているだけで
大振りは改善されていくので、ミスも減ってきます。

当たりが悪いな、距離が出ないなという場合は、
クラブを短く持ってコンパクトに振る練習をしてみましょうね。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. ヘルシーママ より:

    今日は夫もゴルフに朝から出かけて
    自分のスイングが出来たのか?
    賞品はテーブルの上にゼロ~~~~

    • 山ちゃん より:

      コンペは時の運もありますから、
      旦那さんが楽しくゴルフができたのならOKに
      してあげて下さいね~

  2. キャップ より:

    一見、逆説風ですが、短く持つほうが芯を捉えやすいのは確かです。

    大ぶりはいけません。確実に着実に。人生と同じです。

    • 山ちゃん より:

      大振りして当たったら気持ちいい事もありますが、
      大体は失敗しますよね~
      短く持ってコンパクトに!が大切ですね。