【怒りと悲しみ】津久井やまゆり園事件の残虐な犯行について思う

津久井やまゆり園相模原事件から1年余り事件の悲しさは消えない。あまりにも悲惨な知的障がい者たちの運命。元職員の植松聖の犯行がいかに計画的で残忍で許せないものであったか、あらためて当時の事件を振り返り、知的障害者に対する見方について考えてみました。

落語「まんじゅうこわい」

長屋の連中が何が怖いかを話していると、そんなもの何がこわいと割って出た男が。怖いものなんか何も無い、と言っていましたが、白状したのがまんじゅうが怖いということになり・・・

落語「のようなもの」

のようなもの、を付けたらどういう意味になるのか。物によっては、全く違うものだと言う場合と、そのものずばりの意味になる場合とがあります。そこを勘違いした熊さんの失敗したお話です。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336