ビットコインの暴落はあるか?

10月に50万円を超えたあたりから、一体どれくらいまで上げるのか、暴落はあるのか、などなどネット上の書き込みが多数入り乱れました。 10月に60万円を超えたあたりから、天井の値段を予想する書き込みが盛んになり、多くのビットコイン保有者や投資家が世界中の取引所の動きを固唾を呑んで見守るという状況が続きました。

Segwit2xの読み方とビットコイン分裂について

Segwit2xの読み方がわかりません。便宜的には「セグウイットツーエックス」で良いのでは?Segwit2xに基づくビットコインのハードフォーク[分裂]は、11月には避けられないのだが、それに向けての対応が取引所が直前まで発表しない。そこで、どんな投資戦略で向かうのかが悩ましいところです。

落語『短命』立川志らくの熱演が笑わせてくれる

伊勢屋の若旦那が3人も相次いで急逝しました。店に出入りする八五郎はその理由が分からず、物知りのご隠居の所に相談に来ます。さて、話を聞いたご隠居の説明を八五郎はなかなか理解ができない。そのやり取りが笑えます。志らくの熱演を是非ご覧ください。

3大金融グループの協議会発足で仮想通貨の存在価値が上昇か

日本国内において三大金融グループを始め圧倒的多数の銀行が参加し、共通のデジタルコインを運用することが顧客にとって最も価値があり、評価されるので、それによって、現在流通しているビットコインをはじめとする主要な仮想通貨たちはその存在価値を認められ、需要が増え、すなわち、ますます値上がりしていくことにほかならないと考えられるのです。

【仮想通貨・フィンテックサービス】に対する金融庁の姿勢【金融レポート】

近年注目を集めている仮想通貨やフィンテックサービスなどへの金融庁の方針がどのような方向性を示すのか、「金融レポート」には、フィンテックについての4つの原則(プリンシプル)が示されており、その内容は以下の通りです。

両利き悩んだ天才と言われ?共感出来たら「この指とーまれ」NO6

使い勝手の良い手が違う事を「クロドミナンス」と言いますがクロドミナンスによってストレスを感じた人は何人いるのだろうか?マナー違反と決められた時代から利き手が両利きだと「凄い」と言われるこの時代に 感謝もあれば戸惑いもある。ストレスはどんな時に感じたのか?右利きの社会時代に生まれた方が悩みその結果を両利き手の定義として日々の生活からまとめた思いをお伝えします。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336