コインチェックは大丈夫か?返金時期はいつか?

スポンサーリンク

コインチェックは大丈夫か?返金時期はいつか?

スポンサーリンク
オススメ

本当に返金されるか心配

2018年1月26日コインチェックから600億円と言われるネムという仮想通貨が盗まれてしまいました。

ネムをコインチェックに預けていた人は驚きだったでしょうめ。私もその一人です。

コインチェックは、ネム保有者だった人に対し、流出した分のネムは、日本円に換算して返金すると発表しました。

これで、少しは安心しましたが、2月4日時点では、まだ返金時期についてのコメントはありません。

また、他のコインについても出金制限がかかっていますし、取引が正常にできなくなっています。

このような対応では、本当にお金を返してくれるのか心配になります。

コインチェックさん、本当に大丈夫ですか?

金融庁が立入検査の結果は?

金融庁も投資家の不安が、「本当に帰してくれるのか?」とか「それだけの資金が本当にあるのか?」などの声を受け、2月2日、コインチェックに立入検査に入りましたが、その結果の公表はありません。

早く公表してほしいものです。

コインチェックに資金はあるのか?

この問題も、コインチェックが素早く返金を約束した割には、返金時期を明らかにしないことで疑問が出ています。

資本金1億円未満の会社が、480億円の返金が出来るのかという単純な疑問ですが、コインチェックは手数料が高く、取引量も業界でトップレベルということで、手数料収入でその程度の余裕はありそうだという楽観的な観測もあります

返金時期はいつか?

しかし、コインチェックとしては、仮に480億円の返金が可能であったとしても、コインチェックの事件によって多くのアルトコインが暴落し、取引制限をされたコインチェックの投資家は「売り逃げ」ができなかった。

その為、多大な含み損を抱える人に対する補償はどうしてくれるんだ、という問題にも対応しなければならなくなります。

今となっては、相場全体が戻って、NEM流出前の水準に戻った段階で、返金するのが、クレームをいくらかでも緩和できると考えているのではないだろうか。

犯人から取り返せるのか?

盗まれたNEMは、ブロックチェーン上では記録が明らかになっているとのことで、流出した先の記録も監視できる状態で有るらしいのですが、犯人の特定はほぼ不可能とのことです。

NEM財団とか善意の個人マイナーが24時間365日監視をして、法定通貨に換金させないようにしている状態が続けば、犯人にとっても折角盗んだメリットが得られないわけです。

そこで、匿名でありながらも犯人との間で示談の余地がありそうだという観測もあります。
もし、そのような裏技が可能となった場合は、コインチェックとしても、メリットはありそうです。

しかし、日本では不正アクセスは違法ですから、日本では出来ないでしょう。司法取引のような事が可能な国の機関に依頼するなどの方法があるかもしれませんが。

まとめ

いずれにしても、コインチェックさんには早く返金してもらいたいし、すべての取引の回復や出金について速やかに対応してもらいたいものです。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336