関脇 玉 鷲 突き抜けた!! 15年皆勤の賜杯を獲る・・・ ‼

スポンサーリンク

関脇 玉 鷲 突き抜けた!! 15年皆勤の賜杯獲る‼

関脇貴景勝は大関持ち超し!
      
     15年皆勤の賜杯獲る関脇 玉 鷲  

  大相撲初場所の千秋楽27日に初優勝した関脇玉鷲は1151回連続出場は現役最多。

     この日も持ち味の突きがさえ、人気力士の遠藤に快勝
  
   13勝2敗で初優勝を飾った。

 賜杯を手にした表彰式でのインタビューで、毎日毎日、今までになく集中して本当に長かったと喜びを語った。

  又、当日の朝、次男誕生。喜びも重なった・・・

   来春場所も頑張って優勝し若手の中で、大関争いに加わってほしい。 
 
  今場所の活躍者の西小結 御嶽海です、残りを連勝で10勝で大関昇進の

  足がかりにしたいが、

   3日休みの8勝、勝ち越した。来場所頑張ってほしい力士の一人です!!
  

       ここで、道産子力士は、どうなのか!!

       新入幕 東13矢 後(9勝6敗)前頭9枚目位まで上がってほしい。

        十両へ格下げの 旭大星(東十9 7勝8敗)十両止まりでしょう!

          楽しみである!! ガンバ、ガンバ ガンバレ!!

   今場所で残念で堪らないのは、横綱稀勢の里ことです、横綱稀勢の里は

  「自分を信じて、しっかり集中して、

     力を出し切ればいい」と言っていた。

    稀勢の里に4日目、5日目と土俵に相撲フアンの1人として、上げてほしかった。

      初勝星を得っていたかしれないです。

      その後、連勝したかも知れない。

      今後の相撲人生にエールを送ります。

      稀勢の里関のフアンの1人としての、愚痴です。

   少々、昔の話ですが、

    日本出身の横綱が消え、その場所で優勝した朝青龍が横綱に昇進すると、

    モンゴル勢が土俵を席巻した。

    これは、何を言いたいのかは、判るでしょう。    

   日本人力士に変わる歳ではないのかなあ・・・

    この7日の「横綱審議委員会稽古総見」にて、横綱稀勢の里は

   「自分を信じて、しっかり集中して、 

    力を出し切ればいい」と言っていた。

    9日の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古で、

    横綱稀勢の里は九州場所の優勝の貴景勝を稽古相手に

    指名して、この日はまわしにこだわらず、

    思い切り踏み込んで攻める取り口が目立った。

    「(貴景勝は)1番 圧力であるから、圧力負けしないように、

    前にしっかり行けてよかった。」

    と横綱の口調も明るかった。      (読売新聞一部参照) 

平成31年 大相撲三月場所 ぴあプレミアムシート購入証明書 (お土産付き) のチケット情報はこちら icon

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336