メディカルアロマ、柑橘系エッセンシャルオイルの光毒性

柑橘系というと、爽やかな香りのイメージがありますよね。

疲れた時、リフレッシュしたい時におすすめです。

柑橘系の精油には、

レモン、オレンジスイート、ベルガモット、ビターオレンジ、グレープフルーツ、

ゆず、などがあります。

お馴染みの果物も多いですね。

ですが、柑橘系の精油を使う場合は、少し注意が必要です。

柑橘系の精油には光毒性というのがあります。

柑橘系精油の光毒性とは?

光毒性というのは、精油の中に含まれる成分の一部で、

植物油などで薄めた精油を皮膚に塗って紫外線に当てた場合、

炎症を起こすというものです。

強い日焼けによって、シミ、かゆみ、発疹の原因になります。

香りを楽しむには問題はないのですが、

皮膚に塗る場合には十分注意が必要です。

肌に使用する場合には12時間は紫外線を避けること、

夜や寝る前に使うことをおすすめします。

また、敏感肌・アレルギー体質の人は注意が必要です。

正しく使って気分をリフレッシュ!

光毒性では注意が必要ですが、

製油は香りを楽しんだり、心身の健康を保つために役立ちます。

柑橘系の代表的な精油の作用を上げると・・・

1.レモン

 頭スッキリ、仕事や勉強が効率的。

 消化促進作用、殺菌作用。

2.オレンジスイート

 気分をリフレッシュ、消化促進、食欲増進。

3.グレープフルーツ

 ストレスを感じた時、気分を爽快に。

 冷えやむくみに作用。

4.ベルガモット

 ストレスを緩和、誘眠作用、消化促進。

様々な作用がありますね。

特に、精神的なストレスに効果的です。

柑橘系は男女問わず好まれる人気の香りですので、

一度、試してみると良いかもしれませんね。

 ⇒ 柑橘系エッセンシャルオイルはこちら

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336