「3」を使うだけで、説得力が増すって本当?

驚くほど強い印象を与える「3」

「3」というシンプルな数字を使うことで、 文章や言葉は驚くほど、相手に伝わりやすくなるということを、いまから紹介します。

物事を伝えるときに、3は「最強の数字」とも言われています。

たとえば、

・「たったの1ヵ月で、字幕なしで映画が見れるようになる3つの方法」

・「〇〇が教える!劇的にスリムになる3つの方法」

・「驚くほど魅力的になるメイク3つのポイント」

というブログ記事は良くありそうですね。

なぜか、クリックしたくなる。 では、これはどうでしょう?

・「たったの1ヵ月で、字幕なしで映画が見れるようになる方法」

・「〇〇が教える!劇的にスリムになる方法」

・「驚くほど魅力的になるメイクのポイント」

3という数字を消しただけで、ずいぶんと印象が、変わりますよね。

「3」という数字が追加されるだけで、 これだけ印象に違いが出ます。   

権力者も使う「3」

この3という数字は、ある心理学者によれば、

「思考の幅が広がり、文章がきれいに見えて、話がわかりやすくなる数字」 と

言われています。

権力を持つ人も 「3」 という数字を効果的に使っています。

 「Yes,we can!」

「Change,change,change!」

米国のオバマ前大統領のこのメッセージも 「3」を意識したものだといわれています。

このメッセージは、とてもポジティブなベクトルを持っていて、 小学生にもわかるシンプルな言葉です。

また、プレゼンテーションでも、アップル社の元CEOのスティーブ・ジョブズや第2のジョブズと言われている、テスラ・モーターズのイーロンマスクも、よく「3」という数字を使っています。

実に効果的に3という数字を組み込んで、聴衆をひきつけています。

この「3」という数字はシンプルで、 何より、「わかりやすさ」に繋がります。

人はわかりにくいものが嫌いです。

そして、何かを説明されるとき、できるだけ簡潔にわかりやすく、自分にメリットのあることだけを説明して欲しいと、 心から願っているものなのです。

これらが 「3」 という数字が「最強の数字」だと言われている所以なのです。                 

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336