π(パイ)=3.14・・・以下の数の覚え方。英語では・・・

π=3.14・・・

については何年か前、小学校算数では「π=3とする」と発表されたので、多くの人から文部科学省が非難を受けたということがありました。

しかし、「3にする」というのは誤解で、「おおよその値を計算する時は3で行う」ということだったのです。つまり、暗算でおおよその数値を出す時には「3」で計算すれば良いのですよ、というのが真意でした。

その時ももちろん詳しく調べる時は「3.14」で計算しますよ、ということは公言されていたのですが、「3」だけが取り上げられた結果大騒ぎになりました。

ところで日本には昔から「語呂合わせ」というものがあり、電話番号や歴史上の出来事の西暦を覚えたりするのに使われます。

πにもその語呂合わせで覚える方法がありまして、昔からいろいろありますが、ここで1つだけご紹介します。

π=0.314159265358979323846264338327950288419716939937510・・・

ではその語呂合わせでの覚え方です。

3.14159265              358979      3238     462643    383279   

産医師異国に向かい     産後薬(やく)無く 産に産婆  四郎次郎死産  産婆産に泣く

502884197     1693    9937510

ご礼には早よ行くな  ひろ子さん ここ皆後藤

これで少数第51桁までです。

それを覚えて、それがどうなんだ、というツッコミが入りそうですが、ただ少数第51桁まで正確に書けるよ、というだけの話です。

こどもさんやお孫さんに教えてあげても面白いでしょう。

日本語は「語呂合わせ」があり大変便利ですが、では英語の場合はどうでしょうか。

Do you know π?(あなたはπを知っていますか)

Yes,I know a nubber. (はい、知っていますよ)

この回答文の単語を構成しているスペルの数を見ると

3,1426

になっています。

この数が π の数値です。しかもご丁寧に小数点まで入っています。

こうやって覚えているそうです。

実はこの方法で長い文を作っているものもありますが、ここでは割愛します。ドイツ語でも同じような方法を使っていますから、他の言語にも同様のものがあると考えられます。

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. ヘルシーママ より:

    こんばんは
    なるほどですね〜〜
    この年齢になると
    すっかり忘れてました
    語呂合せか、、、、
    面白いお話ありがとうです
    また聞かせて下さいね(*^_^*)

  2. アンディ より:

    英語でも、そういう部分があるんですね。
    とても面白い検証です。

  3. キャップ より:

    数字には面白い話がたくさんありますね。