2019桜の開花、最初にお花見が出来るのは何時・何処?

スポンサーリンク
 
 
日本気象株式会社が、2019年第3回桜の
開花・満開予想を2月7日に発表しました。
 
北海道から鹿児島までの全国約1000か所の桜の名所や、
各都市のソメイヨシノについて、
今年の開花・満開予想を行っています。
 
また今シーズンより、開花・満開予想日、
開花メーターに加えて、お花見に適した週末がわかる
「お花見ベスト週末」の発表も開始することになっています。
 
それによりますと、一番早いのは高知で
3月17日に開花としています。
 
続いて福岡が3月19日で、名古屋が22日、
そして東京の23日となっています。
ここ数年、東京はかなり早くから
開花するようになりました。
今年も平年より3日早い3月23日に開花し、
30日頃に満開を迎えるようです。
 
昨年は3月17日と非常に早い開花でしたが、
昨年に比べて6日遅れの開花となりそうです。
 
全国的に見ると、今年は暖冬傾向だったため、
休眠打破の時期は、東日本で平年より1週間から10日程度、
西日本で1週間程度遅れています。
 
因みに「休眠打破」とは桜が寒さから目覚めることを言います。
その気温差が大きいほど、目覚めが良くなるのです。
 
従って暖かだった鹿児島ではまだ休眠打破ができていません。
他のすべての都道府県では休眠打破が終わった見込みです。
 
休眠打破の遅れは、今後の気温の上昇により取り戻せますので、
ほぼ平年並みには戻ることができるでしょう。
 
今年は2月後半の気温の予報が高いため、
全国的に開花予想日が1~3日早くなっています。
 
2019年第3回桜開花予想マップ
東・西日本:平年並みか、平年より早い
北日本  :平年並み

この下のページに飛ぶと、全国の状況がわかります。
  ↓
 
 
日本気象株式会社では、満開予想日や
お花見ベスト週末は、天気・防災総合サイト
「お天気ナビゲータ」で紹介しています。
 
日本気象株式会社による、次の発表は2/21の予定です。
 (参考:日本気象株式会社HP、お天気ナビゲータ桜なび)

その都度、国内縦断旅行をすると なんと!

2ヵ月間お花見をし続けられると言う事が出来ます。(^_-)-☆

さあ、今からいち早く「桜」&「お花畑」を楽しみに行く!

JALで行くハウステンボスへの旅

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336