懸賞で当てるコツ・第2弾!これであなたも当て上手になろう

懸賞で当てるコツ・第2弾

インターネットの懸賞で当てる極意

1 メールマガジンに登録する

懸賞サイトから応募する際、メールマガジンを登録するかどうかについては、

登録したらメールの受信ボックスの管理が大変になりそう、

と登録はしたくないと考える人も多いようです。

でも考えてください。

メールマガジン希望◎

メールマガジン不要☓

とする応募者に対して、企業としてはどちらを選ぶでしょうか?

きっと企業に興味を持ってくれる前者の方を選ぶでしょうね。

こういった小さな気遣いがどれだけ抽選に影響しているかはわかりませんが、できるだけ優位になるよう行動しましょう。

2 専用のメールボックスを作る


メールボックスが企業からのメールマガジンでいっぱいになってしまいそう、

とメールマガジンの購読を躊躇する人は

懸賞専用のメールアカウントをつくると良いでしょう。

これは「当て上手」の懸賞ハンターが実践していることなのです。

こうすれば他のメールと混同することもなく管理しやすくなります。

ハガキ懸賞に当てる極意

現在はインターネットから応募する懸賞の方が多いですが、インターネットとまた違う魅力があります。

オフラインならでのアピールができるからこそ最大限の工夫が必要です。

1 きれいな字で書く


これは必須条件です。きれいな字と言っても美しい字ということではありません。

相手が読みやすい丁寧な字で書くことを心がけましょう。

2 丁寧な文章を書く


企業が提供する商品やサービスについて意見を求める項目がよくあります。

「当て上手」の人が実践しているコツは丁寧な内容を書くことです。

丁寧で相手を思い遣った文章を書くことで、相手からの印象が良くなります。

その商品やサービスを使ったことがある場合、どんな点がよかったかなど相手が喜んでくれそうな内容を書きましょう。

こういった意見は企業にとって励みになりますし、ただ懸賞目当てに応募したのではないと受け取ってもらえるかもしれません。

当選を逃がす人の多くは、必要な情報以外はほとんど「空欄」か「とくになし」と書いて応募してしまうことです。

手間を書けずに応募できるかもしれませんが、これで当選確率を下げてしまうのは非常にもったいないですね。

抽選方法は企業次第ですが、あくまでも相手のことを考えて応募したいものです。

ただ褒めるだけでなく、思いつく限りの改善点を提案するなど、企業の成長につながる意見も喜ばれます。

外れてしまったら


懸賞ですから当然外れることあります。

しかし「懸賞なんて当たらない」と諦めてしなうのはもったいないことです。

実際の「当て上手」の人も毎回当選している訳ではありません。

「当て上手」の人が懸賞に当たる理由は、たとえ外れても悲観せずに割り切って次を目指せることです。

こういう気持ちの切り替えが大事です。

懸賞は「運だめし」でなく、コツを学んで攻略するゲームなの

だと考えればずっと楽しいいものになります。

是非楽しく実践してみてください。

(参考:ライセンス+懸賞で当てるコツ)

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. ヘルシーママ より:

    懸賞好きなかたの気持ちが少しわkったような
    今年は嵌ってみましょうかね(^◇^)

  2. SATさん より:

    懸賞なかなか当たったことがないんですが、
    今度試してみます!

  3. ゴルゴ50 より:

    なるほど!
    やってみよーっと!!