ヘルプマークがあるから、わざと座る。それって優しさ!?

 

「優先席」「専用席」には座りますか?

あなたは「優先席」や「専用席」をどう見ますか。
 
というより、あなたはこういう席であっても、空いていれば座りますか、それとも座りませんか?
 
様々な問題をネットによって調査する「しらべえ」社が全国の20代から60代までの約1400人に調査した結果によると4人に一人が座るという結果でした。
 
「優先席に座る」という人は、地域別に比較すると、東京は4割、大阪は3割と比較的多いですが、千葉では2割、北海道では1割と少なくなり。地域によって優先席への意識が違うようだとコメントしています。
 

トラブルも多い?

この問題、優しさの象徴でもありますが、結構トラブルの原因にもなっているようですね。
 
今年の2月に大阪ではJR線の座席に座っていた30代の会社員に警備会社の男(62歳)が
「以前から、優先席に座っていて席を譲ろうともしないので、腹が立った」と会社員の腹をナイフで刺し、殺人未遂で逮捕されるという事件が起こりました。
 
一方、席を譲ると「年寄扱いするな」と怒鳴られたという話も聞こえてきます。せっかく譲ったのに、大勢の人の前で怒鳴られた人は、次からはもう絶対に譲らない、という気持ちになったと述べています。
 
優しさが仇になるという感じですね。お互い良い感情を持てなくなってしまいます。
 
 

札幌市の取り組み

さて、上の調査に出てきた1割の人しか座らないというわれらが北海道、および札幌市では平成29年10月18日からヘルプマークの配布を開始しました。
 
このヘルプマークは、外見からわからない病気や障害を持った人たちに手助けをしてあげましょうという運動です。もちろん、席を譲ることのそのうちの一つです。
 
そしてこの4月から北海道全体、札幌市でも公共交通機関の車内にこの運動への協力を呼び掛けるポスター等を掲示しています。
 
席を譲るという行動もなかなか難しい場合もあるようですが、必要としている方もいるのは間違いのないことです。
 
 

わざと優先席に座る!

こういう記事を見つけました。
それは「私は必ず優先席が空いていればわざと座ることにしました」というものです。
 
どういうことかというと、若い人たちがなかなか席を譲らない、あるいは譲り辛いという話をきいたので、自分が優先席に座り、必要な人が来たら譲ってあげるためだ、というのです。
 
なるほど、そういうことをする人もいるのだなと考えさせられました。
 
そして私もこれには賛成して、さっそく行動しています。
 
 
 札幌市が公開している札幌市長の呼びかけです。
   ↓  ↓  ↓

なお、このヘルプマークの作り方もご紹介しておきます。

ヘルプカード(ダウンロード用)(PDF:102KB)

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336