ティーショットは狙いが大事!

■ティーショットの目標は?

ティーショットを打つ時は、どれくらいしっかりとした目標を
作っているでしょうか?

ゴルフは目標を決めて、そこに打つのが当たり前ですが、
ティーショットにおいては、シビアに狙いを定めていない人も
多いです。

フェアウェイに向かって打つ!
これくらいの気持ちで打っている人がとても多いのです。

中には、ラフに行かないで!とか、林に入らないで!とか、
谷に落ちませんように!などと願って打っている人も
いるかもしれません。

■ターゲットをしっかり作る!

狙い目、ターゲットを広く設定し、その範囲内を狙うという方法も
1つの大事な方法ですが、もう1つ効果的な方法があります。

それがターゲットをピンポイントで設定するという方法です。

ターゲットを広く設定するとは、
フェアウェイの右端から左端までの範囲全部をターゲットとして、
打つという方法です。

それはそれでいい方法なのですが、
そうではなくフェアウェイの真ん中にピンを立てるのです。

グリーンにあるようなピンを1本立てるのです。
もちろん自分の頭の中でですが。

そして、それに向かってアドレスし、打つのです。

■ピンを狙うからこそ・・・

イメージしたピンを狙うという事により、
しっかりアドレスが出来るようになるのです。

フェアウェイの右端から左端という広い範囲を設定すると
結局アドレスが適当になり、アドレスでは右端を向いているのに
気持は真ん中に打ちたいという事になり、
スイングにズレが生じるのです。

ピンを設定すると、いくら遠くてもそれに向かって
正しくアドレスするようになります。

これだけでも方向性が高くなります。

■飛球線が明確になるので・・・

また打ちたい方向が決まるので、
1本の飛球線が明確になります。

アドレスした時に飛球線がしっかりイメージできると
ヘッドが通るイメージがつかみやすくなり、実際に
ヘッドが安定した軌道を描くのです。

フェアウェイを広く使って楽に振るというのもアリですが、
1つしっかりと狙いを絞るという方法も効果的なのです。

まずは練習場でトライしてみましょうね。

(おすすめゴルフ場)

■関越ハイランドゴルフクラブ(群馬県)

雄大な景色、豊かな自然を活かした個性的な27ホール

特別プランで予約する
コースレイアウト
口コミ

■日立ゴルフクラブ(茨城県)

戦略的林間丘陵コース!
全ホール太平洋を眺めながらの気分爽快ラウンド☆

特別プランで予約する
コースレイアウト
口コミ

■取手桜が丘ゴルフクラブ(旧 藤代GC)(茨城県)

都心からもアクセス良好!
都心からわずか1時間でティアップ
高低差3m以内のスーパーフラットな林間コースです。

特別プランで予約する
コースレイアウト
口コミ

■ABCいすみゴルフコース(千葉県)

バンカーが少なくOBも無いので
好スコアが期待できます!

特別プランで予約する
コースレイアウト
口コミ

スポンサーリンク
おすすめ336




おすすめ336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
おすすめ336




コメント

  1. キャップ より:

    私は、狙うときにはボウリングのスパッとのように、何メートルか前に目標を設定して打っています。

    ただ、遠くに設定する方が、スイングの方向も決まりやすいのかもしれません。練習場で意識してみます。